フロアタイルについて詳しくご紹介!

このサイトでは、フロアタイルのことを説明していて、どのように活用すれば良いかを紹介しています。 フロアタイルとはなにかというと、塩ビを素材としているタイルのことで、簡単に利用できるもので、安価で購入ができます。
数多くのものあるので、家のデザインによって敷いてみましょう。 定番の木目調から、石目のものなどさまざまなものがあるので、部屋によって変えてみて、部屋の特徴をつけてみると、メリハリのある家になります。

フロアタイルってなに?

フロアタイルってなに? フロアタイルはなにかと、塩ビの素材を使っているタイルのことで、小さなパネルを組み合わせて床を作ります。
数十センチ四方のフロアタイルは、どのような部屋にも設置することができて、パズルのように組み合わせることが可能なので、接着の必要もありません。
様々なデザインに加工ができるのが特徴で、比較的安い値段で販売されています。イミテーションなのですが、見た目にも再現度が高く、本物のように見えるようになっています。
取り外すのも簡単になっているので、汚れた場合にもその部分だけ取り外して交換をしたり洗うこともできます。
塩ビのメリットとして、耐久性も高くて傷にもなりにくく、防水性もあるので水をこぼしてもすぐに拭き取れます。

フロアタイルのテラコッタ柄とは?

フロアタイルのテラコッタ柄とは? フロアタイルに使われるテラコッタ柄とはイタリア語で「焼いた土」を意味しており、かつては天日干ししたものが使われていましたが現在では焼き固められたものが使われています。
焼いた際の温度や湿度によって仕上がった際の色が変化するのでシンプルな焼き上がりになります。
弱点として水に弱く汚れやすいため、ワックスを塗って仕上げることが多い種類でもあります。
夏ではさらさらした触り心地、冬は冷たくなりにくい、そして熱効率も大変良いという点からフロアタイルだけでなく床暖房にも多く使われています。
実際に使用されているものには3種類あり、実際に18世紀から19世紀にかけてヨーロッパで使われたアンティークのものやハンドメイドで作られたもの、そして機械で作られたものがあります。
造り方によって色の仕上がりも異なるため、それぞれの違いを比べてみたり、自分なりにカスタマイズしてみるのも楽しい魅力のひとつとなります。
お手入れ方法としてはまず酸性の洗剤を付けたタイル用のたわしで磨き、その後に水で流して空拭きするのみです。
シンプルですがおしゃれな要素を持たせるテラコッタ柄のフロアタイルで異国情緒味わう空間を作ってみてはいかがでしょうか。